熱中症対策は塩分と糖分を含んだ飲料を意識して摂取する

e11963322a7f43858b6423b8b64184aa_s

年々、熱中症と診断されている方は増加傾向にあります。そのため、熱中症対策の方法を知って、可能な限り自身で予防することが重要になります。
熱中症は、暑いと感じる環境にて起こる健康障害のことになります。ヒトの体内では熱が作られ、その熱を体外へ放出するという働きをバランス良く行っていますが、スポーツや仕事、室内が暑いと感じる環境であれば、身体の中の熱のバランスが崩れて、熱中症になることがあります。
熱中症対策として、塩分と糖分を含んだ飲料を摂取して、水分補給を意識してこまめに心がけることが大切とされています。ヒトは、1日の間でおよそ2.5Lの水分が失われているといいます。汗をかいたなら、それ以上水分が奪われないように補給をする必要があります。汗には、塩分も含まれていますので、補給する水分には塩分も含んだ飲料を飲むことが大事になるでしょう。また糖分は、腸内での水分吸収を促進させてくれるものですから、塩分と糖分が含まれている飲料を摂取することが望ましいとされています。
熱中症対策として、気温が35度を超える日や、湿度が高いとされる日の運動は原則中止となっています。水分補給をこまめに行って、熱中症を防ぎましょう。

電力自由化で電気代節約

a4541fac4ab751b3ec9f6883c40ee73b_s

2016年4月から一般家庭や小規模店舗における電力自由化が始まりました。これまで地域の電力会社から購入してきた電気を、様々な会社から自由に購入することができるようになったのです。工事などの必要もなく、簡単な手続きだけで変更可能です。それにともない、様々な業種の会社が電力供給事業に進出してきています。
私たちの一番のメリットは、電気料金が安くなるということです。現在の使用量や契約プランによっても変わってきますが、変更することで電気代を節約できる可能性があります。
また電気料金とのセット割をPRしている企業もたくさんでてきています。ガス料金とのセット割引や携帯電話や家庭のインターネットとのセット割引などです。また生協などでは個配の配達料が無料になるなどのサービスも展開されています。電気料金自体は従来と変わらなくても、こういった割引を活用することで結果的には得になる場合もあるかもしれません。

たくさん候補がありすぎて、どの会社がいいのかわからない、面倒だという方は、ネットで様々な会社の料金比較ができるサイトを利用するのもおすすめです。「エネチェンジ」というサイトでは郵便番号・家族構成・家にいる時間帯・今の電力会社とプラン・料金を入力すると、おすすめ順に変更できる会社と年間どのくらい節約できるかを教えてくれます。

賢く電気代を節約するため、一度検討してみてはいかがでしょうか。