熱中症対策は塩分と糖分を含んだ飲料を意識して摂取する

e11963322a7f43858b6423b8b64184aa_s

年々、熱中症と診断されている方は増加傾向にあります。そのため、熱中症対策の方法を知って、可能な限り自身で予防することが重要になります。
熱中症は、暑いと感じる環境にて起こる健康障害のことになります。ヒトの体内では熱が作られ、その熱を体外へ放出するという働きをバランス良く行っていますが、スポーツや仕事、室内が暑いと感じる環境であれば、身体の中の熱のバランスが崩れて、熱中症になることがあります。
熱中症対策として、塩分と糖分を含んだ飲料を摂取して、水分補給を意識してこまめに心がけることが大切とされています。ヒトは、1日の間でおよそ2.5Lの水分が失われているといいます。汗をかいたなら、それ以上水分が奪われないように補給をする必要があります。汗には、塩分も含まれていますので、補給する水分には塩分も含んだ飲料を飲むことが大事になるでしょう。また糖分は、腸内での水分吸収を促進させてくれるものですから、塩分と糖分が含まれている飲料を摂取することが望ましいとされています。
熱中症対策として、気温が35度を超える日や、湿度が高いとされる日の運動は原則中止となっています。水分補給をこまめに行って、熱中症を防ぎましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です